今日の海外新聞

テック系、考古学系、市民活動系

アメリカ ジャンクフードの食べ過ぎを防ぐ方法「マインドフル・イーティング・Mindful Eating」

アメリカ新聞NewYorkPost2/9

ジャンクフードをやめられない人にとって、誘惑を断ち切るのに最適なのは、マインドフル・イーティングとして知られる習慣だ、と専門家は言います。

マインドフル・イーティングを始めるために、 3 つの簡単なステップを提案しています。

・食事パターンと習慣ループを計画する

・脳内の食事行動の「報酬価値」を変える

・身体に満足感を与える、よりやりがいのある行動を発見する




専門家は、ジャンクフードをやめられないのは過食症だといいます。

過食症は、何をどれだけ食べるかをコントロールできないと感じたときに、短時間に大量の食べ物をむさぼり食う習慣であり、アメリカで最も一般的な摂食障害です

「ノーと言える意志力を持つことが重要ではなく、むしろ自分の体とそのニーズに調和することが重要だ。意志力は方程式の一部ですらない」と専門家はいいます

 

「脳は予測機械です」と専門家は言います

このサイクルを止めるために、彼は、なぜ食事をしているのか、ジャンクフードを暴食した後にどのように感じるのかに注目し、自分を慰めたり自分にご褒美を与えたりするためには、ジャンクフード以外のより健康的な代替食品を見つけることを勧めています。

「それを 10 ~ 15 回繰り返すだけで、次回のためにそれを覚えておくのに十分なデータベースが脳の中に構築されます」

「それを 10 ~ 15 回繰り返すだけで、次回のために脳はそれを覚えておくのに十分なデータベースを構築するのです」