今日の海外新聞

テック系、考古学系、市民活動系

アメリカでの「音声生体認識」と詐欺対策

アメリカテクノロジーWebサイトVentureBeat7/28

アメリカでは金融業界で「音声生体認識」が注目されています

アメリカでは、SiriやAlexaの利用が活発で、音声識別はPINコードや

パスワードでは不可能なレベルのセキュリティを提供していると

言われています

指紋、虹彩、または顔のように、音声生体認証は個人に固有のものです。声紋を作成するために、スピーカーは彼らの声のサンプルを

提供します。

「音声生体認識」他のバイオメトリクスとの違いは、プロンプトが

表示されたときに誰かが話すたびに、声紋がユニークであるということです

「音声生体認識」の詐欺として想定できるのが、誰かがユーザーを録音してその音声を再生したり、誰かがコンピューターを使用して、ディープフェイクとも呼ばれる人々の声の合成バージョンを生成したりできることです

そのような場合の詐欺を防ぐ方法としては「ある種の[ライブ要素]を適用できるので、フレーズのランダムな要素を適用することも、受動態バイオメトリクスを使用して

ユーザーが継続的に話しているようにすることもできます

現在「音声生体認識」技術は、詐欺師がシステムを破壊しようとする可能性のある方法はいくつかあるものを検出して防止するための対策が講じられています

f:id:bun-ten:20210729113824j:plain

音声生体認識は期待されているバイオメトリクス・セキュリティです

 

ベルギーの3Dプリンタースタートアップがアメリカ大手に買収された

ベルギー経済紙tijd

ベルギーの3DプリンタースタートアップAerosintをアメリカの

金属3Dプリンター専業メーカーDesktopMetalが買収しました

DesktopMetalはGoogleBMW、フォードが出資してできた会社です

Aerosintの技術は、粉末を使用した3D印刷の新しいプロセスを開発しました。この技術により、複数の種類の粉末(ポリマーや金属など)で構成される連続層を印刷することが可能になります

この技術のおかげで、粉末廃棄物の量、材料費、仕上げ時間が削減されます。さらに、3Dプリントの機械的および物理的特性を最適化することができ、耐摩耗性、振動減衰、または電気伝導率向上に貢献できます

この技術でDesktopMetalは、いくつかの材料で構成できる完全な製品を

3Dプリント出来るようになると述べています

f:id:bun-ten:20210728193750j:plain

ベルギーの金属3DプリンターのスタートアップAerosint

 

オーストラリアの障害者と支援者向けマッチング・アプリ

オーストラリア公共放送ABCニュース7/25

オーストラリアは、2013年にndis・国立障害保険制度を制度化して

障害に関連する「合理的かつ必要な」支援ニーズ(一定の制限に従う)に対する全額の資金提供を認めています。この資金は障害を持つ「個人」を提供されるので、使用の自由度が高い制度です 

しかもこの資金は、障害者支援年金や国民皆保険とは無関係です

ゴールドコースト自閉症スペクトラムに4人の子供がいるため仕事や日常生活に困難を極めていた夫婦は、この制度を使い助けられました

この夫婦は、ndisが適用されるスマホアプリのKyndを使い、適切な支援者を見つけることができました 夫妻は「Kyndで見つかった2人の新しい介護者が、自閉症スペクトラムの彼女の家族の4人の子供たちの命綱であった」と言います。

Kyndは「障害者やその家族」と「適応される障害に関心があるサポーター」をマッチングできます、アプリは共通の関心を持つ人々と一致します 

Kyndは、予め関心をもつサポーターが決まることで、これまでの制度でありがちな「見知らぬ係員」が来るという現場のミスマッチが防げます

Kyndアプリユーザーはプロフィールを見て、別のサポート担当者が持っている検証を確認し、趣味や興味について学び、自分の性格、資格、経験分野、サポートしてくれるサービスの種類を理解することができます

オーストラリア政府は「ndisは具体的成果を求める市場経済形の仕組みなので、事案が小さなケースであっても、効果が認められるのであれば

新たな起業を生むことができる」と述べています

Kyndは「人々が何を求め、何を大切にするかについて、より現実的なアプローチにつながりました。」と述べています

ndisは、形にはいいた日本の介護保険制度では出来ない起業モデルです

※こちらがKyndのホームページです

f:id:bun-ten:20210727093756j:plain

障害者と支援者向けマッチング・アプリKynd

f:id:bun-ten:20210727093722j:plain

記事中の自閉症スペクトラムの4人の子供たちとお母さんと、サポーターの女性

 

アメリカのファッショントレンド!ジェネレーションZはY2K

アメリカ経済情報InternationalBussinesTimes7/25

ワクチン接種率が50%になったアメリカの2021年夏のソーシャルメディアY2Kファッションで溢れています

多くの有名人たちも、このトレンドに飛び乗っています

環境に配慮することはZ世代の間で人気があります

Z世代のトレンドは「ファストファッション」から衣類の再利用

に移ってきています

Y2Kのスター、ブリトニースピアーズとパリスヒルトンは最近注目を集めています

Z世代は、親の世代と一緒に育ったとは限りません。彼ら。ですから明らかに、1世代上のブリトニーとパリが若い頃の様子を知りたいという好奇心と欲求があるでしょう。だから彼らはファッションを通してそれをするつもりです

Y2Kで作られたベビードールのシャツ、ジャンプスーツ、ミニスカート、ローライズのフレアジーンズ、ビーズのネックレスを揺さぶる若者たちと、カラフルな縞模様で溢れています

f:id:bun-ten:20210726163157j:plain

Z世代のトレンドはY2Kです

f:id:bun-ten:20210726163228j:plain

トレンドはファストファッションからY2Kです

 

アメリカの小売業者が、製品情報管理に注意を払う必要がある5つの理由

アメリカ小売情報RetailInfoSystems7/21

 

過去2月年間で、アメリカの小売業界は、小売業務、サプライチェーン、顧客向けインターフェイス、コラボレーションモデルおよびエコシステム全体でデータデジタル化プロセスに積極的な変化を経験してきました。

彼らは、特にAI / ML、IoT、デジタルツイン、デジタルビジネスプラットフォーム、新しいビジネスモデル、会話型コマースの急増に伴い、新しいテクノロジーイノベーションに迅速に適応する必要がありました。

しかし、課題は、収益機会を活用するために、多面的な製品データと 関連資産に取り組むことです。

1:チャンネルの一貫性くを強調すること

顧客中心のエクスペリエンスを強調するためには、顧客の使用するデバイスの合わせた商品コンテンツが必要になる

2:より高い商品需要を生み出すこと

商品情報の品質は小売業のあらゆる側面に影響を与え、顧客の目には、商品情報は適切に提示された商品を定義します

3:よりよい商品比較と発見可能性を可能にすること

多くの顧客は、単なる検索からさらに一歩進んで製品のバリエーションを比較し、購入の決定を確定します。

4:商品エクスペリエンス管理を改善すること

小売業者は、商品メリットを強調し、使用方法を説明し、属性をインテリジェントに分類することで、関連するデジタルコンテンツを顧客と共有できます

5:会話型コマースを有効にすること

コロナパンデミックで、非接触会話型コマーステクノロジーを採用して収益と利益を向上させる戦略をさらに発展させることができます

f:id:bun-ten:20210725173942j:plain

小売業者が、製品情報管理に注意を払う必要がある5つの理由

 

アメリカでは失業手当請求に、顔認識が必要です

アメリカCNNニュース7/24

アメリカでは、失業手当を得るためにID.meとその顔認識ソフトウェアを使用するように指示されています

理由は、増加する失業手当の不正受給を防止する目的として顔認証を含む個人情報に提供を要求しています

プラ​​イバシーとお金のどちらかを選択することを余儀なくされているアメリカ人が多くいますが、州の失業機関は「あなたがすぐにあなたの身元を確認しない場合、あなたの主張は失格となり、それ以上の給付金の支払いは発行されません。」(コロラド州労働雇用局のスポークスパーソンは、ID.meは未成年者とは連携しないため、18歳未満の失業申立人と「技術的障壁。」)と発表しています

ID.meと呼ばれるあまり知られていない会社は、今月の時点で、27の州の失業機関がID.meと契約を結んでおり、そのうち25の州がすでにその技術を使用している。ID.meは、さらに7人と交渉中であると述べました。ID.meは、退役軍人省、社会保障局、IRSなどの多数の連邦機関のユーザーIDも確認します。

ID.meは2010年スタートの、退役軍人の小規模なコミュニティサイトTroopSwapです。 TroopSwapはユーザーの身元確認に手間取ることに

気づき、デジタルID検証ツールの開発をはじめました

TroopSwapは、サイトを通じてスポンサー企業がサイトユーザーに割引

などをを提供できるように人々の軍事サービス記録の検証を開始したため、これをTroopIDと呼びました。2013年には、ID.meという名前で、学生やファーストレスポンダーを含むより多くのグループに同じサービスの提供を開始しそれ以来、政府機関のID認証サービスにさらに深く移行しています。

パンデミックが発生する前は、ID.meは政府のウェブサイトでの存在感が低く、州の失業機関の身元を確認していませんでした。ID.me2016年に退役軍人省と協力始め、退役軍人のIDを認証して、そのWebサイトから医療と福利厚生にアクセスできるようになったため、退役軍人会はこれを使用しています

そこにパンデミックにより大量失業者が発生し、パンデミック初期の

緩和された身元認証から、不正の確立が低い身元認証が必要となり

既に退役軍人会で実績があったID.meが採用されました

ID.meは、不正を防止するために「顔認証が必要」と主張していますが

ID.meは,電話番号、メールアドレスなど様々な個人情情報に加えて

アメリカではブラック・ライブズ・マターで問題となっている

「顔認証」情報を公的機関と共有しています

※こちらがID.meのサイトです

f:id:bun-ten:20210507144645j:plain

アメリカでは顔認証で失業手当請求をします

 

アメリカの電気自動車のスタートアップは七転び八起きで上場しました

アメリカ・テック情報TheVerge7/22

電気自動車のスタートアップ Faraday futureは7月22日にナスダックに

上場しました 市場価値は約1100億円でした

 Faraday futureの創業者Jia Yuetingは、あふれんばかりのビリオネア精神と気まぐれに導かれて上場へ出来ました

最初中国で事業開始しましたが、ほどなく、巨額の借金を逃れるために中国からアメリカへ亡命しました

2014年に設立された後、Faraday futureは、Appleの自動運転車プロジェクトの秘密のフロントオペレーションと間違えられました。

2016年の世界最大の家電見本市CES・コンシューマーエレクトロニクスショーで静的コンセプトカーをデビューさせ、結局実現しなかった1000億の向上計画を打ち上げました

これが、これからはじまる連続トラブルのはじまりでした

創業者Jia Yuetingは、2017年までに中国で返済しなかったローンからの

資金にたよっていました。この資金は電気自動車の開発には、約1,500人の労働力を集め、ばかばかしいほど高価な技術的驚異の電気SUVを設計するのに役立ちましたが、すぐに資金難におちいってしまいました

2017年後半、Faraday futureの銀行口座には数億円しかありませんでした

TeslaやAppleや他の大企業から雇われた幹部たちは逃げ、会社を救うために連れてこられた最高財務責任者でさえ創業者Jia Yuetingの考え方に同意できなくて会社を去りました

2018年、Faraday futureの経営危機は中国の不動産コングロマリットEvergrandeに助けられました

しかし、創業者Jia Yuetingは不動産コングロマリットEvergrandeの

予想より早く資金をつかいはたしてしいました

Evergrandeはこれに不満を持ち、創業者Jia Yuetingを訴えました

そこで、創業者Jia Yuetingは破産コンサルタントと提携しました

また、元BMWエグゼクティブであるCarstenBreitfeldを雇いました。ブライトフェルドはCEO(そして部屋にいる一種の大人)になり、それ以来、彼らをスタートアップの資金調達活動の顔にしました

またアメリカ政府の給与保証制度を利用して短期の運転資金を確保しました

さらに、Faraday futureは不動産会社と合併しました

この紆余曲折の結果、Faraday futureは7月22日にナスダックに上場しました

Faraday futureの最初の7年間から学ぶべき教訓が1つあるとすれば、それは常に予期しないことを予期する必要があるということです。

f:id:bun-ten:20210723164840j:plain

電気自動車のスタートアップ Faraday futureは7月22日にナスダックに 上場しました