今日の海外新聞

テック系、考古学系、市民活動系

エストニアでは電線管理は100%ドローンです

エストニア政府e-estonia

デジタルガバメント世界一のエストニアは、電線を100%ドローンで検査している世界で唯一の国です

エストニアでは、ドローンによるの検査サービスが急成長しています

沼地、川、森が点在する国では、送電線検査官の状況は特に厳しく、かつては検査員が熊に襲われたりする事故もおこります

サービスを提供しているHeptaAirborneの社員は。電気工学または航空のいずれかのバックグラウンドを持っています。

ドローンは、3種類のデータを収集します。最も小さな欠陥を検出できる「高解像度画像」、過熱した要素を検出できる「熱画像」、ライン全体の3D画像を作成する「LiDAR点群」です。uBirdを使用すると、検査官または機械学習アルゴリズムを適用することで、データをすばやく簡単に分析できます

HeptaAirborneの事業は積極的に拡大しており、いくつか例を挙げると現在ドイツ、チリ、ナイジェリア、ウクライナの送電網を検査しています

 

※こちらがHeptaAirborneのホームページです

f:id:bun-ten:20211124200527j:plain

ストニアでは電線管理は100%ドローンです

f:id:bun-ten:20211124200556j:plain

HeptaAirborneの事業は積極的に拡大しています

f:id:bun-ten:20211124200647j:plain

ドローンは、3種類のデータを収集します