今日の海外新聞

テック系、考古学系、市民活動系

アメリカ 女優スカーレット・ヨハンソンはGPT-4oチャットボットの声が自分だったことに怒っています

アメリカ公共放送nbcnews5/21

スカーレット・ヨハンソンは、昨年9月OpenAIからチャットボットの声のオファーを受けていましたが、「よく考えた結果、個人的な理由から、その申し出を断りました」

ところが、「9か月後、私の友人、家族、そして一般の人々は皆、『Sky』という名前のOpenAI最新システムがいかに私に似ているかに驚きました。」


OpenAI は、新しい GPT-4o を発表し、ボイスチャットで会話を行う機能などを宣伝しました。この新しい技術はすぐに、映画で描かれるような未来的な AIとの比較を行い、「Sky」を含む 5 つの音声を提供しました。

5月20日・月曜日の発表でOpenAIは、「スカイ」の声はヨハンソンの声の「模倣」ではないと述べた。同社によれば、この音声はプロの俳優によって録音されており、現在も利用可能な他の音声も録音されているといいます。

スカーレット・ヨハンソンは声明で「公開されたデモを聞いたとき、ショックと怒りを感じた。そして、親しい友人や報道機関が区別できないほど不気味なほど私に似た声をOpenAIが追求するとは信じられなかった」と述べました。

ヨハンソンは2013年の映画「her」で人工知能チャットボットの声を担当しており、OpenAIはその音声を使っているといいます

批判をうけてOpenAI はしぶしぶ「Sky」の声を削除することに同意しました。

音声模倣は、近年急速に進歩した比較的新しい技術であり、人々がソフトウェアを使用してジョー・バイデン大統領などの有名人や人物を模倣できるようになりました。この技術の急速な普及は、ニューハンプシャー州予備選挙有権者を誤解させるロボコールの試みにバイデンの偽の声が使用されたときなど、偽情報に関する懸念を引き起こしている。ソーシャルメディア上で詐欺を宣伝するために有名人の声も偽造されている。 11月、ヨハンソンと彼女の弁護士が、AIが生成したスターの画像を特集した広告にヨハンソンの肖像を使用したとしてAI企業に対して訴訟を起こしたと報じられた。

5月21日・火曜日、15万人以上の映画・テレビ出演者を代表する労働組合であるSAG-AFTRAの広報担当者は、ヨハンソン氏を支持すると電子メールで述べました