今日の海外新聞

テック系、考古学系、市民活動系

アメリカ小売業のコロナ後のトレンドは shop-in-shop

アメリカ小売業情報RetailInfoSystems2/10

アメリカでは、パンデミックと多忙な実生活の両方の理由で、

消費者は便利さを求める傾向が強まりました

その結果、実店舗ではワンストップでの便利な買い物行動につながり

ショッピングモールでの路面店shop-in-shopになりました

ショッピングモールには、魅力的で人気のある路面店shop-in-shopで

進出しています

COVID-19を懸念する買い物客が、eコマースの集荷オプションと迅速な出入りの買い物に目を向けたためおきた傾向です

多くの場合、店舗でのオンラインピックアップ(BOPIS)ではスキャンして移動し、セルフチェックアウトします。shop-in-shopはこれを現実で再現しています

消費者は「チャネルの変化(買い物をする場所)だけでなく、消費者も買い物の仕方を変えました」「消費者は、どこにでも戻るオプション、BOPIS、カーブサイドピックアップ、在庫の可視性など、オムニチャネルエクスペリエンスに強い期待を寄せています。これらのショッピング行動の変化は、今も続いています。」

実際、小売業者の41%は、買い物客の平均オンラインピックアップ(BOPIS)注文が集荷中に1〜2アイテム増加したと報告しています。さらに、小売業者の24%が、平均注文サイズが5アイテム以上増加したと報告しています。店内に入ると、消費者は発見に対してオープンであることを証明しています。

f:id:bun-ten:20220213110742j:plain

ショッピングモール

f:id:bun-ten:20220213110815j:plain

アメリカ小売業のコロナ後のトレンドは shop-in-shop

f:id:bun-ten:20180321145804j:plain

shop-in-shop